2011年10月08日





小学校の保健室で先生に褒められた。
よくこんなに熱があるのに我慢したね、本当に我慢強いねって。

熱なんて普段の辛さに比べたら何でもなかった。


あのころの私は我慢していた。
我慢ができる、我慢強い子だった。
少なくとも今よりは、強い子だった。





最近ひとに謝ってばかりいる。
仕事で謝るなら何でもない。それでお金を稼ぐならなんでもない。
でも本気で毎日何人にも何回も謝っていると、もう謝ることでしか自分の存在を確認できない。
そんな自分にだれがなりたいよ、だれに誇れるよ。
でも仕方ない、謝るべきことをしているのは自分。



すぐ人に助けを求めるようになった。
自分も助けになれたら嬉しいし、助けを求めたっていいって思ってた。
でも本当は違うのかもしれない。



想定外のことに立ち向かう気力が今ちょっと見当たらない。
じゃあいっそ消えたい、なんて。そんな気力もだいぶな気力よ。ない、今はない。

消えたくなくても消えちゃうかもね。
代わりがいないとも思えない。





自分の何が一番いけないかなんとなく分かる。
こうやって自分を大切にしないこと、だろうと思う。


この存在を歓迎されたいなら、
必要だって言われたいなら。









posted by アキラm at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。